ホームページ制作

Appleからこんなメールが届いた「アカウントが無効になりました」は要注意!

Appleを装った詐欺サイト

「アカウントが無効になりました」メールが届いても慌てないで!内容をよく確認

数日前に、アップルIDに利用しているメールに、こんな内容のメールが届きました。

  • 件名:
    あなたの情報が更新されました。サービス[アカウントが無効になりました] 5/22/2018 8:58:09 AM [アラート]
  • 内容:
    敬意をもって
    Dear メールアドレス
    保護のため、アカウントは自動的にロックされます。
私たちはあなたのAppleアカウントで異常な取引を防止しまし た。 これは、 新しい場所や別の端末からログインしている可能性があります。 以下のサインインの詳細を確認してください:
    国:  Indonesia
日時: 2018年5月22日
IPアドレス: 94.177.187.183
オペレーティング·システム: Chrome / 5.0(iPad Pro、Mac OS XのようなCPU OS 10_3_3)AppleWebKit / 603.3.8(GeckoのようなKHTML)バージョン/ 10.0 Mobile / 14G60 Safari / 602.1

    サポートチームが不正な人物を検出しました
    あなたのアカウントはセキュリティ対策のためにロックされていま すので、 アカウント情報を更新してアカウントのパスワード情報をリセット する必要があります。

    届いたメール
    Appleを装った詐欺サイトからのメール

えっ、ついにハッキングされたか!と思い、リンクを踏みサイトを表示させるとアップルのきれいなサイト。
Appleを装った詐欺サイト

ついつい自分のメールアドレスを入力しそうになりましたが、んん、もしかして、これはフィッシングメール?!と思い、表示されたURLをよくよく確認してみました。

すると、URLにappleの文字がなく、おかしなアルファベットと数字の羅列が並んだ長いURLでした。

これはおかしいと思い、自分でAppleのサイトを検索

すると、本家は全く違うURLでした。
https://appleid.apple.com/#!&page=signin
Apple本家のサイト
Apple本家サイト

詐欺サイトと本家サイトのデザインがそっくり

びっくりしたのは、デザインがほとんど同じこと。
手が込んでますねぇ。Web制作の専門的知識を持った人が関わっているようです。

アカウントがロックされる!と思うと慌ててしまいますが、不用意に自分の情報を入力させるサイトは、一旦落ち着いて考えることをお勧めします。
電話のオレオレ詐欺と一緒ですね。

同様のメールが来た方はお気をつけください!

詐欺サイトかどうかを見分ける方法

詐欺サイトかを見分ける方法はこんな感じです。

  • URLを確認する。企業名が入っていなかったり、意味不明のアルファベット数字が並んでいたら要注意。
  • 本家のサイトを自分で検索してみる。電話のオレオレ詐欺と一緒で、自分から連絡(サイトを探すこと)をしてみることが重要です。
  • 表示されたサイトで、別のリンクを押してみる。今回私が受けた詐欺サイトでも他のリンクは動作しませんでした。そのページのみが表示されました。

今回は、とても手の込んだ詐欺サイトでした。

みなさん、お気をつけて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加