個人事業主

個人事業主開業時に税務署に提出する書類2種類をご紹介

ウェブナビ

個人事業主開業時に行うこと

個人事業主を始めるには、どんなことを行えばいいのでしょうか。

事業を開始するすべての人が提出する書類が「開業届」です。
そして、確定申告を青色申告で行う方がプラスで提出する書類が「青色申告承認申請書」となります。
白色申告の場合は、開業届のみで大丈夫です。
開業時の提出書類

具体的に見ていきましょう。

開業届

事業を始める方、全員が提出します。

書類は、国税庁HPから入力・印刷することができます。

私が数年前に提出した際は、紙に手書きでしたが、今ではPDFに入力して印刷できるようになっているんですね〜。
控えも同時に印刷できるようになっているので便利です。

開業届は、後々商工会などで提出を求められることがあるので控えを大事に保管しておきましょう。

青色申告承認申請書

確定申告を青色申告で行う場合に必要です。
青色申告の方が、白色申告より控除額が高額なので、ある程度利益が見込める場合は、必ず申請しておいた方がいいでしょう。
提出期限があります。事業を始めてから2ヶ月以内に提出が必要です。

簿記方式や備付帳簿名などは、不明な場合は税務署で聞けば教えてもらえます。
私の時は、あまり厳密な感じではありませんでした。
決まっていなかったら、どちらでもいいですよ、といった感じでした。

引越や事業所の移転をする場合

事業を始めた後に、引越や事業所の移転をする場合にも、税務署に申請が必要です。
意外と盲点なので、忘れず行いたいですね。
異動前の納税地を所轄する税務署に提出します。

まとめ

結婚の際の婚姻届と似ていて、とても重要なのに紙切れ1つでできるところがあっけないです。

でもこれを提出すればもうあなたも個人事業主。

自由と責任の名のものとに、働いていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他にもこんなページが読まれています