WordPress技術

WordPressのカスタム投稿タイプ、フィールド、タクソノミーをわかりやすくまとめる

カスタム投稿タイプ

WordPressのカスタム投稿タイプとは

WordPressには、カスタム投稿タイプという、情報を投稿する新しい入力画面を自分で作成することができる機能があります。

一度わかると利用頻度が高まるカスタム投稿タイプですが、カスタム投稿、フィールド、タクソノミーと色々な名前があり、一見わかりにくい機能です。
つまり、投稿画面のような入力画面を自分好みで作れるということです。
投稿画面

どういったときに使用するかというと、グループ企業一覧を表示したい時や、新商品のバナー画像を一覧で表示したい時などに利用できます。
通常用意されている、「投稿」「固定ページ」の入力項目ではなく、企業名・URL・業種 などのように、登録したい内容を自分で決めて、何度も投稿したい場合に有効です。

仕組みを作っておけば、グループ企業一覧の更新も簡単に行えるようになります。

手順

  1. Toolset Typesプラグインをインストール
  2. カスタム投稿タイプを作成
  3. フィールドを作成
  4. タクソノミーを作成(必要に応じて)

という流れになります。

1、Toolset Typesプラグインをインストール

プラグイン>新規追加より、Toolset Typesを検索しインストール。有効化。
ToolsetTypes

それでは、いってみましょう。

2、カスタム投稿タイプを作成

ダッシュボードに出現した、
Toolset > Post Typesをクリック
「新規追加」を押す

名称やスラッグを指定します。
複数名、単数名という入力箇所がありますので、何か別の単語を入れてください。
複数、単数という言葉が英語圏の考え方だなぁと思います。
カスタムフィールド

スラグと表示されているのは、スラッグのことだと思います。
システム的に利用するテキストなので、アルファベットで指定します。
アイコンも変えられますよ。

ついでに、「右記以降のAdmin Menu 位置: 」の箇所も指定します。
ここで選んだ項目の下に表示されるようになります。
カスタムフィールド

「ラベル」はそのままで大丈夫です。

「Taxonomies to be used with 企業一覧」では、必要に応じて後々登録する
タクソノミーの分類を、カテゴリーとして扱うか、タグとして扱うかを決めます。
チェックを入れなくても作成できます。

「Sections to display when editing 企業一覧」では、
「タイトル」にチェックを入れると、通常の投稿画面で表示されるタイトル入力が、
「エディター」にチェックを入れると、通常の投稿画面で表示される内容入力が表示されます。
エディターが入らない場合などは、チェックを外します。

「オプション」「投稿関係(親/子)」もそのままで大丈夫です。

「Post Typeを保存する」を押します。

3、フィールドを作成

次に、フィールドを作成します。
フィールドとは、カスタム投稿タイプより入力する際に表示させる入力項目のことです。
企業名や企業URLなど、好きなもので作成することができます。

ダッシュボード>Toolset>Post Fields
より新規作成

名前を入力してまず保存します。
カスタムフィールド

「新しいフィールドを追加する」ボタンを押すと、入力項目の種類が出てきます。
今回は、「シングルライン」「複数ライン」で作成してみます。
シングルライン等

「シングルライン」を選んで、例えば画像のように入力
シングルライン

「複数ライン」も同様に入力
「保存」

「Field Groupを保存する」を押す

ダッシュボード>企業一覧より
新規作成ボタンを押すと、このような画面が表示され、先ほど作成したフィールドが表示されています。
カスタムフィールドが表示される

今回の場合、コンテンツ入力フォームが邪魔なので、削除します。
ダッシュボード>ToolSet>Post Type>企業一覧(作成した任意の単語)
編集
エディターのチェックを外す
エディターチェックを外す

もう一度、
企業一覧>新規作成 をクリック
すると、コンテンツ入力フォームの表示がなくなりました。
入力フォームがなくなる

これで企業情報を入力する専用画面ができました。

4、タクソノミーを作成(必要に応じて)

タクソノミーも作る場合は、以下のように作成すると(少々割愛)

企業一覧の下に、事業内容 という項目が出現します。
そこをクリックすると、カテゴリーの入力画面の要領で、企業一覧専用のカテゴリーを作成することができるようになります。
タクソノミー

作成すると、企業一覧で新規作成した際に、タクソノミーを選択できるようになります。
タクソノミーが出現

簡単にオリジナルのカテゴリーが作成できるのがいいところです。

おまけ:ダッシュボードの「投稿」「固定ページ」「メディア」の位置が変えられる

WordPressを使っていて、個人的に地味に不便だったのが、メディアの位置でした。
デフォルトだと中途半端な位置にあって、いつも一瞬探さないといけないのが不便でした。

なんとToolset Typesプラグインを使えば、メディアや投稿などの表示場所も変えられるのです。

方法

Toolset > Post Typeをクリック
表示された「投稿」「固定ページ」「メディア」の項目にカーソルを合わせる
すぐ下に出現する「編集」をクリック
「右記以降のAdmin Menu 位置: 」部分で、表示させたい位置の上の項目名を選択し、保存
固定ページの位置

このように変更することができました!
メディアを移動

プラグインのメイン機能ではないですが、地味に嬉しい機能です^^

まとめ

ここまで、カスタム投稿の作り方をご紹介してきました。

次は、ここで作ったカスタム投稿タイプを、表示させる方法をご紹介しています。

これでカスタム投稿タイプについて、バッチリです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加