WordPress技術

フリーランサーがWordPressで成功した話が聞けた WordCamp Tokyo 2017

WordCamp Tokyo 2017

WordPressの祭典 WordCamp Tokyo 2017

2017年9月16・17日に新宿にて開催された、WordCamp Tokyoに参加してきました。
2回目の参加で、今回も当日ボランティアをやらせていただきました。

WordCampとは、WordPressのイベントで、1年に1度Kansai、Tokyoと開催されます。

WordPressの開発者や、WordPress界隈の有名人もたくさん来るから、WordPressに関わる私にとって世界が広がるイベント。

それに、WordPressを使ったWeb制作やブログをや書いてフリーランサーをやっている方たちも多く来るので、フリーランスの人の話を聞きたい場合も参加すると参考になります。

フリーランサーがどうやって成功したか

フリーランスをやられている方の印象に残ったセッションはこちら。

「地方Web制作者とWordPressー僕がどのようにしてWordPressに関わるようになり、独立するに至ったかー」北島 卓さん

「ブログを強力な武器としてビジネスにインストールすることで独立を成功させた話」高橋 宣成さん

お二人とも、WordPressを仕事で使いながらフリーランスとして成功されています。

北島さんは、地元九州で初めはWeb制作会社にお勤めだったけれど、現在ではWordPressのプラグイン開発をされている方で、少しずつフリーランスとして成功されてきた感じが伝わってきました。

高橋さんは、元ミュージシャンで、現在は「いつも隣にITのお仕事」というブログを書きながら、企業の依頼を受けられている方。ブログで成功するまで2年かかったとおっしゃっていたのが、真実味がありました。

私もブログをやっていますが、なかなかアクセスが集まらない^^;
1日数件のアクセス数を見た時は、続ける意欲が湧いてこなくなってきます。

でも、高橋さんが言っていたいい言葉が「意思は弱小、日課として行う」
ブログを続ける意思は、弱小でいいんだな、と。
その弱小の意思で、続けていくことが大事なんだな、と。

いい言葉だなと思いました。

いつか、ブログが1つの収益源になっていることを目指して続けていきます!

高橋さんのWordCampに登壇するに至った経緯や、発表スライドはこちらで公開されています。

知識の出し惜しみをしない

あと、高橋さんはVBAを解説する記事を書いているのですが、知識の出し惜しみはしない、とおっしゃっていて、それもいい言葉でした。
知識を惜しみなく共有している人が成功しているって、素晴らしい

前の会社にいた時に、仕事の作業に関する情報がほとんどなかったから、情報をまとめて共有したけど、全く評価されなかったことを思い出しました。
そんな環境をいいとは思えず、私も今ではフリーランスをやっています。

有益な情報は共有して、人に知識を与えられる人が評価される世界で生きていきたいと思います。

懇親会で知り合いが増える

WordCamp後は、お酒を飲みながらの懇親会もあり、気になる人へ直接話を伺えます。

WordPressという共通の話題があるので、知り合いも増やしやすいです。

WordPressやフリーランサーに興味がある方は、ぜひ参加してみてください。

毎年、秋に開催。夏頃から参加募集が始まりますよ。

WordCampの仲間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加